NEWS

杉田敦 夜の思想/22:00に触れる

杉田敦 夜の思想/22:00に触れる



杉田敦 夜の思想/22:00に触れる

日づけ2016年1月29日(金)
時間 18:00 - 22:00
会場 22:00画廊
住所 東京都小平市小川町1-776-18



思想の多くはおそらく夜、生まれ出た。もし、本当にそうならば、なぜ夜と思想の関係を凝視めないのだろうか?  逢魔時あるいは大禍時を超え、つまり魔や禍をすり抜けたあとの静寂の頃、亥(い)の刻、夜四つ、亥二更(にこう)。夜に触れるためだけに集まろう。逢魔の頃に駅に集まり、そして夜をその名に冠した画廊に向かって闇の傾斜を下っていこう 参加するための資格はひとつだけ。夜、生まれ出たはずの思想、詩、唄、批評、作品などなどを、ひとつだけ携えて集まろう。見つからなかったり、忘れたりした人は、逢魔を超えることを許されなかったのだ 夜に呑み込まれることを許されたものたちだけで、それぞれの夜を凝視め合おう...



▶夜に生まれた思想や詩、唄、批評、作品などを、一つお持ち寄り下さい。だれかがつくったもの、自作どちらも大歓迎です。



杉田 敦 Atsushi SUGITA
美術批評。オルタナティヴ・スペース art & river bankディレクタ。女子美術大学教授。
最近の著書に、『ナノ・ソート』(彩流社)、『アートで生きる』(美術出版社)、『アート・プラットフォーム』、『inter-views』(共に美学出版)がある。 作品に"critics coast"(越後妻有アートトリエンナーレ, 2009)など、キュレーションにポルトガルの現代美術展『極小航海時代』(JAM)などがある。また、アーティストの増本泰斗と、ディスカッション・プロジェクト、"Picnic"を行っている。